Tomiya's blog (3DCG & Photo etc.)

 
 写真やCGを中心に、雑談、気になった物を追加していきます。

大山(丹沢)登山

富士登山が雨天により中止になり、悔しい思いをしたのは一ヶ月前。
台風17号が迫る9月29日、仲間と近所の山まで出かける事にしました。

大山(丹沢)は湘南の風がぶつかる山なので雲が出来やすいようです。
集合場所の伊勢原駅から見る山頂は雲の中です。
今回は大丈夫か??
946.jpg

そして・・・ 標高の低い山なので、登山道は蒸し暑いんです。
生茂る木々が湘南の風を完全にブロックしています。
947.jpg

男坂を登りきり、下社に到着と思いきや、再び階段です。
948.jpg

おやっ、手水舎がありますね。
期待している手水のつかいかたの看板は無いようでした。
949.jpg

ようやく下社です。
950.jpg

下社の裏の登山道入り口、ここからが本番の登山道です。
歴史ある登山道ですから危険もいっぱいですね。
951.jpg

汗だくになりながら山頂到着。
残念な事に、雲の中に入ってました。
952.jpg

標高1200少々ですが、お菓子の袋が膨らみます。
953.jpg

ここが山頂です。
塔の岳よりも低い事もあり、涼しくないのがチョット残念。
954.jpg

下山途中の休憩、後ろには山頂が見えましたが、やっぱり雲の中です。
955.jpg

『山頂は雲の中ですね』
『うん』
みんな山頂の方向を撮影中。
956.jpg

帰りは下社からケーブルカーで下山しました。
957.jpg
よき一日でした。



余談ですが、今年の春に皇太子が大山登山をされたそうで、
途中の売店に皇太子一団の写真が飾られていました。
なるほど、それで山頂付近が整備されていたのかっ!


スポンサーサイト
Genre : スポーツ 登山

LMC555のコンパレータ

VisualBasic2010が快適に動くパソコンが欲しいと思ったのですが、
これといった決定打が無く困っています。
またEPSON Directにしようかなぁ・・・ブツブツ・・・


さて、せっかく実験用の電源もあるので、前から確認したかった事をやってみた。
下の画像は有名な有名なICでタイマーIC555の内部回路です。
944.jpg

電子工作が好きな人は使った事が無い人はいないと言われる程有名なIC。
と言われますが、私は今回が初であります。

確認するのは、1/3・2/3に分圧した電圧をコンパレータで比較して出力。
この使い方ならLM431でも良いじゃんとなるが、ソレはソレ。
5個で100円のICなら燃やしても痛くありませんから

945.jpg

接続はスレッシェルドとトリガーを接続、そこに実験用の電源を接続、LEDのカソードはディスチャージ。
0Vから電圧を上げていくと3.3V付近で点灯、そこから下げていくと1.6V付近で消灯。
なるほど・・・分圧回路とフリップフロップの動作を確認できました。

写真の状態だと何かの拍子に誤作動するのはCMOSだからか?
LMC555ではなく
LM555の方が扱いやすかった?

さらなる確認が必要である事がわかりました。


VB2010が動かない・・・

ソフト屋の後輩からVisualBasicのシリアル化について教えてもらいました。
自宅でも勉強しようとDVDからインストールしたのはいいのですが。
VisualBasic2010が重くて動きません((( T_T)
2008は動いたのに・・・ orz

CPUはCeleron1.5GHz、2006年頃に購入した物です。

さて、どんなパソコンにしようかと、ダラダラとネットサーフィン
プログラムの開発にはもうちっと時間がかかりそうです。

本職はメカ系CAD屋なのでプログラムは出来なくてもいいんですが、
ダメな先輩だなぁと、ふと思った日曜の午後でした。

機動戦士ガンダム お台場のアレ2

本当は、日~月曜日と富士登山に行く予定でしたが、悪天候のため中止。
せっかくの平日休みです、有効に使おうとお台場に行ってきました。



目的はやっぱりお台場のアレでしょう。
ダイバーシティー? いや、ボクは男の子なので、前回に引き続き・・・


やっぱりコレでしょう!!
939.jpg
奥様の日傘をサーベルがわりに記念写真。
冷静に写真を見るといいトシして何やってんだかなー。


立ち止まって見るのは男性ばかりではなく、女性も半分近くいました。
938.jpg

1/1スケールなので迫力満点でした。
940.jpg

しかし、このシャア専用電話番号とは何なのでしょう?? ※携帯電話専用
941.jpg
メッチャ気になります!!



xBee受信プログラム(VB.net)


CQ出版の『超お手軽無線モジュールXBee』という本を購入しました。
キット付でしたが、色々やろうとするとピッチ変更基板が別途必要です。

本の通りに進めれば、スムースにLEDチカチカまでを無線で実現出来ます。
ラジコンや赤外線通信のオモチャが安価に入手できるこの御時世ですが、
パソコンから制御したり周辺機器を自分で作れると思うと楽しくなります。

さて、
LEDチカチカやAD変換のデータ転送を簡単に実現しましたが、
その先に壁が待っていました。
 ・温度を一定間隔で受信・送信
 ・スイッチの状態が変化したらデータ送信・受信
ここで(ささいな)問題が発生しました。
934.jpg

『X-CTU』というソフトで設定や動作確認を行うのですが受信データが見難いんです。
コードの長さと表示幅が合わないので、連続して受信するとナニが何だかわかりません。
送られてきたデータのチェックサムの前、2文字だけを見たいのですけど・・・
マウスで選択出来ないのでコピペが出来ません、困ったソフトです。
935.jpg

そこで、Visual Basicでソフトを作る事にしました。
シリアルポートで受信したデータを表示するだけのソフトですが目的は達成出来ます。
画面はこんな感じです。
936.jpg

ポイントは、
 ・受信したデータを16進数で表記
 ・データ間にスペース追加
 ・65文字で改行(第8章_実験確認用


ここまで出来れば、コピペでもよし
改行する文字数を変更するもよし
Textで書き出し保存に改造するにもよし
時間などを追加してCSVで自動保存にするにもよし


以下、そのソースになります、VisualBasic.NETのFormにそのまま貼り付けてOK
・・・だと思います。(2008・2010で動作確認)

'ここから
'↓↓


Imports System.IO.Ports
Imports System.Text

Public Class Form1

Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
SerialPort1.PortName = TextBox2.Text 'TextBox2の文字を格納
SerialPort1.Open() 'ポートオープン
Button1.BackColor = Color.LightCoral 'ボタンの色変更
End Sub


Private Sub Button2_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button2.Click
If SerialPort1.IsOpen = True Then 'ポートオープン済みなら
SerialPort1.Close() 'ポートクローズ
Button1.BackColor = Color.LightCyan 'ボタンの色変更
End If
End Sub


' Private Sub Button3_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button3.Click
' textBuff.Clear()
' TextBox1.ResetText() 'TextBox1の文字消去
' End Sub


Delegate Sub dlgAddText(ByVal str As String)
Dim lByte As List(Of Byte) = New List(Of Byte)
Private textBuff As New StringBuilder


Private Sub SerialPort1_DataReceived(ByVal sender As Object, _
ByVal e As System.IO.Ports.SerialDataReceivedEventArgs) _
Handles SerialPort1.DataReceived

Dim byteCount As Integer
byteCount = SerialPort1.BytesToRead '入れ物の準備
Dim inData(byteCount - 1) As Byte 'データ受信用のバイト配列
SerialPort1.Read(inData, 0, byteCount) 'ポートのバッファから読み込み

For i As Integer = 0 To inData.Length - 1
Dim uniString As String = Convert.ToString(inData(i), 16).ToUpper()
uniString = uniString.PadLeft(2, "0") & " " '一文字なら0追加
Me.Invoke(New dlgAddText(AddressOf AddText), New Object() {uniString}) 'テキスト追加
Next

End Sub


Private Sub AddText(ByVal strGetText As String)

'//65文字毎に改行した文字列を作る
textBuff.Append(strGetText)
Dim buff As New StringBuilder

For i As Integer = 0 To textBuff.Length - 1
buff.Append(textBuff(i))
If i >= 65 And i Mod 66 = 65 Then '割り算
buff.Remove(buff.Length - 1, 1) ' " "削除
buff.Append(Environment.NewLine) '改行
End If
Next

'改行済みの文字列をTextBox1に表示
TextBox1.Text = buff.ToString

'カレット位置までスクロール
TextBox1.SelectionStart = TextBox1.Text.Length
TextBox1.Focus()
TextBox1.ScrollToCaret()

End Sub

End Class


'参考サイト
'http://www.contec.co.jp/product/device/serial/application.html
'http://www.geocities.co.jp/hatanero/rs232c5.html
'http://1st.geocities.jp/dcc_digital/loconet_vb.html
'
'Thanks 
'hajimemen
'kama
'
'↑↑
'ここまで







参考サイトの皆様、協力者の皆様ありがとうございました。


このプログラムにをちょっとイジって、ラベルで
『稼働中』『停止中』『異常発生』などを作り、パトライトと連動させれば
EtherCATやController Linkをつけるまでもない設備の監視に使えそうです。
しかもワイヤレス!! 大真面目に検討中です。

http://www.zbsigj.org/
会員ページに超大手、OMR○N、△菱あたりの名前が無いのも興味深い所です。


 
プロフィール

Tomiya910

Author:Tomiya910
FC2ブログへようこそ!

 
 
最新記事
 
 
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
 
カテゴリ
 
 
月別アーカイブ
 
 
検索フォーム
 
 
QRコード
QRコード
 
 
RSSリンクの表示
 
 
リンク