Tomiya's blog (3DCG & Photo etc.)

 
 写真やCGを中心に、雑談、気になった物を追加していきます。

ガーデニング 4月

クレマチス咲きました! (昨年の様子はコチラ)

つぼみが複数あるので、これからが楽しみです。

男らしくドーンとこの大きさです、うれしくなりませんか?
809.jpg

スポンサーサイト

昇圧回路03(陰極線管用インバータ)

高電圧と聞いて何を想像するでしょうか?


私は、過去に製作した実験機の失敗を思い出します。


①モータが異常停止
高圧電源をONした瞬間にモータが停止。
原因:駆動ベルト(クロロプレンゴム・ナイロン)に導電性アリ。
対策:材質を変更した(ポリウレタンにした)

②測定器が反応しない
電源を入れても表面電位計が反応しない。
原因:受け台の材質(ベークライト)が高電圧ダダモレ。
対策:材質を変更した(ポリカボネートにした)
(表面抵抗:5×10^10 → 2×10^16[Ω])

・・・いずれも絶縁材料と認識していましたが、
電圧の単位がキロボルトになると導通してしまいます。
 また、1000Vの電圧では1mm、2000Vは2mm以上の距離を
あけないと隣の部品に影響が出るとも学びました。

あの時ボクは若かった(進歩してないけど)。





今回は過去の実験と経験から、陰極線管用インバータを使用し
コッククロフト・ウォルトン回路でさらに昇圧させます。
狙いは10mm以上の空中放電です。

空気の絶縁破壊距離を3000Vで1mmとするなら
30000V以上の電圧が必要になります。

冷陰極管インバータなら4000Vの出力が簡単に得られます。
8倍ぐらいにすれば30000Vを越えてくれそうです。

めざせ30KV!

部品リスト
 冷陰極管用小型インバータ (秋月:M-04555)
 セラミックコンデンサ1000pF(秋月:P-02153)
 整流用ダイオード1N4007(秋月:I-00523)
 ケース(タカチ:SW-120)
 スペーサ(10mm)
 電池ボックス(単四×4)
 押しボタンスイッチ(詳細不明)


ナニはともあれ、Let's Try!! 
これが部品リストの冷陰極管用小型インバータ。


マイナスイオン(オゾン)発生用にも使用したいので
ダイオードの向きは逆になっています。
これは前回の借りてきた資料によるものです。
組み付けだけなので作業は簡単です。

793.jpg
今回のケースは、穴のみなので目測で加工してます。
観賞用なので耐圧、耐久性は無視する簡易構造。

最後にラベルを貼り付けて完成!!
794.jpg


放電距離は約10mm、目標と目的は達成しました。
795.jpg



新たな目標として、ジェイコブスラダー(ヤコブのハシゴ)の生成。
ジッジッジッとの断続的な放電なのでこのパーツでは無理です。

この回路は何かに使えないかと思案中。
電撃ラケット(蚊やハエを退治するやつ)には強すぎるしなぁ・・・

問題が一つ
安全装置を作ってないので電池を入れっぱなしに出来ません。
バッグとかに入れて手を突っ込んだ瞬間『バチッ』なんてやりそう。





ちょっとだけ気になる事があったので、前回に引き続き会社の資料室から電源関連の本を借りてきたのですが、
レベルが高すぎ、数ページで眠くなる眠くなる・・・
796.jpg


その中に、即使えそうな回路を発見。
大電力ツェナーの代替です。
この工作の安全回路に使えそうですね。
797.jpg




よろしければこちらもどうぞ。
昇圧回路01(ブロッキング発振)
昇圧回路02(ブロッキング発振+α)






2012/09/05追加
942.jpg
そういえば・・・ 説明が不足していました。
おもいっきり放電を楽しむには、出力側についているローカットフィルタをバイパスする必要があります。
※これは自己責任でお願いします。

ワイルドな温度計

パソコンパーツ、エレキショップでおなじみの温度計。
測定部が別なので何かと使い勝手が良い。
しかし、気付いた時に電池切れという事がしばしば。



原因:電池の容量が小さい
対策: 〃  容量アップ

というワケで単三電池仕様に改造した。
もう、元のハメコミ式に出来ない。
これがワイルドな改造だぜぇ。

806.jpg

・・・本物のワイルドなら、温度計は不要か。

LR44のボタン電池は寿命が3ヶ月だった。
単三電池でいつまで電池が持つか楽しみだ。

807.jpg


5歳の初おもらし

散歩に行こうとワンコを抱っこ。
輪ゴムの様なモノが視界の下を通過。

確認しようとワンコを降ろした瞬間、ジャバジャバ・・・・
階段なので被害は広範囲に広がる。
止まらないオシッコ。

私のズボンと靴下もビチャビチャ。
悪いと思ったのか、掃除中もしばらく硬直していました。



家の中での初おもらしでした。




よみうりランド(SAKURAKUEN)

冬のジュエルミネーション(イルミネーション)に引き続き、
4月8日に桜のライトアップ(SAKURAKUEN)に行ってきました。
夜桜パス:1500円也 あれっ?値上げした? ナイトパスとは別物なんですね。

前回前々回を確認すると、今回は割高な感じもしますが、
別料金だった観覧車も乗り放題との事、それならOK。

イルミネーションの時はガラガラでした。
しかし今回は4時の入園待ちに混雑。
暖かくなった事もあり、家族連れが多いようです。
799.jpg



トリックアートの巨大迷路はちょっと残念な感じでした。
原因:屋外なので光の方向が×立体感が薄い。
800.jpg
純粋に迷路を楽しんできました。


そして観覧車でのんびり。
801.jpg
こうして見ると、桜の木がメッチャ多いですね。


メインの夜桜です。
802.jpg
まだ八分咲きですが、いい感じです。


エントランス付近からの夜景。(↓クリックで拡大↓)
803.jpg


日中は暖かいので油断していたのですが、
夜桜&アトラクションはメッチャ寒かったです。
来年は暖かい格好で行く事にします。



昇圧回路02(ブロッキング発振+α)

今回は手巻きのトランスでネオンランプを点灯させて遊びます。
回路図は前回と同じものになります。

部品リスト
 トランジスタ:2SC3422(40V3A)
 ラッピングワイヤー:約4m
 トロイダルコア:FT-140#43(ラッピングワイヤを3T-3T:100T、約8.6μH)
 ネオンランプ:200V用照光スイッチ(オムロン:A8A-226-1)
 電源:5V(1.2V×4で代用)




ナニはともあれ、Let's Try!!


前フリが長くても写真で見ると一瞬ですね。

一次側の電流値:0.93A
787.jpg

前回のコアはケイ素鋼板だったため可聴域の動作でしたが、
今回はフェライトなので20kHzを越えた?音もなく動作しています。
対応する計測器が無いのが残念。

トロイダルに4mのワイヤーを巻こうとしたら絡んで巻けません。
仕方なく2mに分割しましたが職人はどうやってるんでしょう?



この出力だけではつまらないので、さらなる昇圧を狙います。
コッククロフト・ウォルトン回路を追加しました。
プーン、パチッ!と一秒間隔で空中放電に成功しました。
が、放電距離は0.5mm程度、ある意味、失敗作かも。
なぜ、回路の動作が可聴域になったのかも謎。
788.jpg

この時の一次側の電流値:1.2A
トランジスタが触れない程に熱くなります。
コレクタ電流ダダモレか? 




会社の資料室を探した所、良さそうな本を発見しました。
変な本ばかりではなく今回は勉強用)
789.jpg


最終目的とする事が製作例としてあったので借りたのですが、
トランスは特注品で巻き数4T-16T:1350Tとの事。
手巻きは無理でしょ、これ・・・
790.jpg


結果に対しモヤモヤ感は残るものの、
ネオンランプ点灯を手巻きトランスで実現、目的が達成出来ました。
次は手段問わず空中放電10mmを狙います




昇圧回路01(ブロッキング発振)

台風並みの低気圧が接近との事で早めに帰宅しました。
明日からいろいろと大変ですが、ソレはソレで。

さて、
ジュールシーフという回路を確認したのはもう昨年の事
1V以下に弱った電池で白色LEDを点灯させて遊びました。

今回はネオンランプを点灯させて遊びます。
回路図は以下の通り、とってもシンプル(ブロッキング発振)です。

部品リスト
 トランジスタ:2SC3422(40V3A)
 電源トランス:PK-12008(100V入力、0-6-12V出力)
 ネオンランプ:200V用照光スイッチ(オムロン:A8A-226-1)
 電源:5V(1.2V×4で代用)


ナニはともあれ、Let's Try!!
783.jpg

前フリが長くても写真で見ると一瞬ですね。
やや暗めですが、5Vでネオンランプが点灯する事が確認出来ました。

正弦波ではないためか?手持ちの計測器はエラーで計測不可。
残念な事に手持ちのオシロスコープはMax5Vまでです。
どんな波形で動作しているのかを見れないもどかしさ。


そして、もうひとつの狙い(本命)、空中放電の実験を行った。
内容はランプの代わりにヘッダーピンを接合し、
ギャップはピンを直接曲げて調整するという、やや強引なもの。
784.jpg

スキマ0.2~0.3mmで連続放電しているのを確認できた。
785.jpg
ホントは1mmぐらいはパチパチすると思ったのですけど。
可愛らしい放電になっちゃいました。

それでも、実験は成功です。


つづく・・・

会社の期末処理

金額の発生した案件をチェックする棚卸しという作業がありました。

さぁ、現場の指揮と伝票チェック行くぞっ!
と思ったら、日付印のダイヤルが2011年まで。

『電子承認』ばかりだったのでシャチハタの出番が今まで無かった。

月日が流れるのは早い、しみじみと感じた3月末でした。

明日からは新年度のスタートですね。

川崎→千葉

3/24-25と、千葉県の館山へ行ってきたました。
地図だとこの辺です、画像はGoogleMapから。

川崎からアクアラインを通ったのでメッチャ近く感じました。


とりあえずは写真をハリハリ。


漁協組合直営の店で昼食(網納屋)
768.jpg

無人駅が懐かしい感じでした
769.jpg

洲埼灯台
770.jpg

ホテルのレストランでディナー
771.jpg

ホテルのプールです、夏なら泳ぎたい。
772.jpg

菜の花が満開です(館山ファミリーパーク)
773.jpg

ポピーも満開です(館山ファミリーパーク)
774.jpg

ピーナッツソフトクリームの店(木村ピーナッツ)
775.jpg

千葉の有名すし屋(やまと)
776.jpg

道の駅おおつの里
777.jpg

アクアライン(海ほたる)からの東京湾(↓クリックで拡大)
778.jpg

上の写真から部分拡大、富士山とランドマークタワーが見えました。
779.jpg


館山の観光地が空いていた理由を考えた所、私なりの答えが出ました。

『 関西方面からの客がいない 』

西からのお客さんは、ディズニーランドまででストップしてるのでしょうか?
擦れ違う車のナンバーが関東近辺ばかりでした。

ゆっくりしたい旅行にはオススメかもしれませんね。

 
プロフィール

Tomiya910

Author:Tomiya910
ブログへようこそ!

 
 
最新記事
 
 
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
 
カテゴリ
 
 
月別アーカイブ
 
 
検索フォーム
 
 
QRコード
QRコード
 
 
RSSリンクの表示
 
 
リンク