Tomiya's blog (3DCG & Photo etc.)

 
 写真やCGを中心に、雑談、気になった物を追加していきます。

台湾観光(HOME)

3泊4日で台湾を一周する家族旅行に行ってきました。
羽田から約3時間で到着するので高齢の方もオススメできます。
台湾の詳細はWikiにおまかせしますが、旅行の感想などを残しておきます。

スケジュールは以下の通りでした。
日付をクリックで別ページへ移動

■ 1日目 ■(2012/03/03)
羽田→台北→花蓮
 忠烈祠の衛兵交代を見学
 アミ族の民族舞踊を鑑賞
パークビュー ホテル宿泊(美侖大飯店)

■ 2日目 ■(2012/03/04)
花蓮→高雄
 多魯湖(タロコ)渓谷の観光
 高雄市内観光
  寿山公園、澄清湖、六合夜市
グランド ハイライ ホテル宿泊(漢来大飯店)

■ 3日目 ■(2012/03/05)
高雄→台北
 蓮池潭で龍虎塔へ
 台湾新幹線で台北へ移動
 台北市内観光
  中正紀念堂、龍山寺、故宮博物館、士林官邸、市林夜市
ザ グランド ホテル宿泊(圓山大飯店)

■ 4日目 ■(2012/03/06)
台北→羽田
 ホテル周辺の観光
  カルフール、圓山大飯店、松山空港

■ これから行かれる方へ ■
メモや気付いた所を記入してあります。




スポンサーサイト
Genre : 旅行 台湾旅行

台湾(1日目)

松山空港と聞くと四国を想像してしまいますが『台北松山空港』です。
706.jpg

何か台湾っぽくてステキです。
709.jpg


この日は台北101が雲の中に入っていました。
710.jpg

台湾の国内線で花蓮まで移動予定ですが、時間があるので自由観光。
ガイドブックを確認すると、近くの忠烈祠(日本でいう靖国神社)の衛兵交代が
見れそうなので空港からタクシーで移動しました。

動かない訓練で精神力を鍛えるそうですが、常に上官らしき人が見張ってます。
ある意味罰ゲームかも・・・
台湾では19歳になると強制入隊、身長175cm以上あると忠烈祠の衛兵に選抜
されるとの事です。 これに選ばれると出世が早い?
707.jpg

銃の重さ7Kg、ヘルメットの重さ2kgあるそうです。
靴の底には金属のタップ付で、歩いた場所には一直線に轍がついてます。
行進はyoutubeなどでも見れます。カッコイイですね。
708.jpg
ハイシーズンでは無いので空いていました。

この後、プロペラ機で花蓮へ移動。
712.jpg

看板のモデルは、日本のTVでも見そうな。
711.jpg

花蓮の空港は空軍も使用しているので撮影禁止との事で。


花蓮へ移動後、アミ族の民族舞踊を鑑賞、コレがバンブーダンスかっ!!
713.jpg

思ったより激しい動きに驚きでした。


ホテルは美侖大飯店に宿泊
目の前の学校はホテルの所有物だそうです。
ここの学生は、親の送迎付きが当たり前みたいでした。↓写真は翌朝のもの。
714.jpg


■ HOMEへ戻る ■
Genre : 旅行 台湾旅行

台湾(2日目)

多魯湖(タロコ)渓谷の観光で天候も◎です。

あまりにも雄大な景色のため、カメラに収まりません。
この辺一帯が天然の大理石です。
716.jpg

こちらはインディアンロック
715.jpg

カエルロック
717.jpg

ワニロック
720.jpg

つり橋
719.jpg

この先は国立公園なので許可証が無いと入山できないそうです。
718.jpg


飛行機で高尾、いや、高雄に移動するために空港へ。
面白い日本語を花蓮空港で発見したので撮影。
721.jpg
一発で大人気になる!? どういう意味だ??

花蓮→高雄へ移動中
722.jpg
翼の下には緑島郷(台湾の島)が見えました。

澄清湖
723.jpg

寿山公園
724.jpg
真ん中に見える高いビルが『高雄85ビル』です。

こちらの忠烈祠の場所は有名なデートスポットらしいです。
ガイドさん曰く、夜に案内すると『早く帰ってよ』と日本語で現地人に追い返されるとの事(笑)。
725.jpg

六合夜市
726.jpg

名物の胡椒餅です。
727.jpg
他の3人はおいしいと食べたようです。
香辛料の八角が入っているので個人的にはNGでした。

まさに豆腐(腐った豆?)、ステキすぎる香りには、完全ノックアウト。
コレをバスや飛行機に持ち込んだら一発で大人気になれるかも。
728.jpg

漢来大飯店に宿泊(30階に宿泊)
眺めも良好でしたが写真撮影失敗・・・
730.jpg

この旅行で宿泊したホテルには全てWiFiがありました。
729.jpg


■ HOMEへ戻る ■
Genre : 旅行 台湾旅行

台湾(3日目)

TVで見て気になっていた龍虎塔へ移動(蓮池潭)。
龍の口から入り、虎の口から出てくると、今までの悪い事を帳消しにしてくれるという。
731.jpg

クネクネ曲がっているのは仏教における人の人生を表しているため、
7や9の倍数になっているとの事、他に悪魔よけの意味もあるそうです(どっちが本当?)。
かなりモヤモヤした部分がありましたが、そこはスルーの方向で。
732.jpg

この後、お寺で参拝。
734.jpg

神様の返事をYES/NOで聞くため、柿の種っぽい形の物を投げて判断。
全員Yesの答えがでました。
735.jpg


その後、台湾新幹線で高雄から台北へ移動。
飛行機と同じように音楽が聴けました。
しかし、隣にACラインがあるので想像の通り。
737.jpg

都市部を抜けると田園地帯が広がり東北新幹線を連想する車窓です。
736.jpg
車内でウトウトしながら、仕事を依頼した会社の工場見学を思い出しました。
新幹線のレールと枕木を締結する機械を台湾で販売しているとの事。
食堂には巨大な台湾の地図が張ってあり、赤い線で工事区間をマーキング。
・・・あの人達も関わったのかと、今頃になり羨ましく思いました。



故宮博物館
写真撮影禁止なので建物だけ撮影。
今の時期に行列が出来ているという事は夏休みは大変??
体力と時間に余裕があればもっと見たかったです。
738.jpg


士林官邸
歩きつかれたので写真はナシ。

龍山寺
739.jpg

人気のお寺です、ややPOPな感じのお経を全員で読んでいました。
ロウソクは赤がお寺用で、白はお葬式用だとか。
740.jpg



中正紀念堂
741.jpg
外装は花蓮で採取された大理石との事、とても大きな建物でした。

衛兵の交代式のタイミングに行けました。
742.jpg


士林夜市
743.jpg

メインストリートでは日本円も使えたのでちょっと安心。
雰囲気は横浜中華街の裏通りっぽい。
744.jpg

圓山大飯店に宿泊(シティービュールーム)
745.jpg

ベランダの手すりが低くて心配でしたが眺めは良好。↓の写真は翌朝のもの。
746.jpg

■ HOMEへ戻る ■

Genre : 旅行 台湾旅行

台湾(4日目)

最終日は夕方の飛行機まで自由時間。
朝食後、ホテルを散策。
747.jpg
746.jpg

街を冒険したいと思い、地図を見るとカルフールの文字。
さぁ、Let's Go!
ホテルのシャトルバスで圓山駅(站)へ行き、そこからタクシーに乗ったのですが、
電子辞書の中国語が通じない。
私の発音が悪い?
仕方ないので地図とメモを取り出す。

無事に到着したので安心。
目的は現地の食材とお茶の購入。(現在、1台湾ドル=約3円)
752.jpg

アジアではこういったデザインは共通かも。
753.jpg

おやっ、不思議な食材がいっぱいで楽しくなります。
750.jpg
日本のお菓子も割高ですが売ってました。
 
人気のお菓子は国境を越えた!
749.jpg

化粧品は物によりけりですが、特別安くはないようです。
751.jpg

果物の色合いは南国らしく鮮やかでした。
754.jpg

台湾梅干が250gで約360円、日本で買うと同じ台湾産が30gで200円でした。
766.jpg


外で食事をしようと思い散策しましたが、よさそうなお店は見つからず。
仕方ないのでホテルに戻ることにしました。
756.jpg

ホテルの『金龍レストラン』なら間違いないですからね。
757.jpg

2Fのお土産屋さんに『また来てくれたのネ』といわれ再度購入。
キーホルダーが7個で500円とか、水晶のストラップが150円と安い。
安かろう悪かろうではなく、大変良く出来ています。
しかも日本円でお買い物。
760.jpg

その金龍レストランでは、北京ダック丸々一羽スープつき、点心、ビールなど
を注文。言葉が通じない事もあり、想像よりもボリューム満点。
横浜中華街だったら4人で2万は軽く越えるだろう料理が、半額以下と安い。
758.jpg

苦しいほど食べました。
759.jpg


松山空港
761.jpg

空港中にも免税店がありますが、カルフールやホテルの方が安いかも。
ここで買い忘れていた『ジャスミンボール』をGET!
762.jpg

763.jpg


夜の羽田へ到着
天候にも恵まれとても楽しい旅行だったので、みんな満足顔で帰路につきました。

おしまい。

■ HOMEへ戻る ■
Genre : 旅行 台湾旅行

台湾旅行のメモ

■■■ これから台湾へ行かれる方へ ■■■

今回の台湾旅行で社会見学し、学んだ内容です、
少しでも参考になれば・・・と、Wikiに載っていない小話を記載します。


その1~
電子辞書の中国語が通じない

私の発音、アクセントが悪かった?
※英語で喋った方が通じる事が多いようです。



その2~
大陸の人間に注意

大陸からは、かなりの団体客が訪れるようです。
ひと言で表現すると『やかましい』。
良い言葉で表現するならば『エネルギッシュ』。
たとえ場所が博物館の中でも、それは変わりません。
※近寄らない方が吉。


その3~
ホテルに寝巻きがある

事前情報やガイドブックには『パジャマは持参する』との記載。
行くと用意されていたので逆にガックリ。
※部屋に無くてもフロントで無料貸し出し。


その4~
車の運転が怖い

自動車がギリギリを攻めてきます。
※横断歩道も油断出来ないので注意。


その5~
冷房が寒い

外は半袖、建物の中は長袖で、温度差が大きいです。
※個人差はあると思いますが、私は寒いと感じました。


その6~
物価の高いおみやげ屋さん

本物の魔女にみえるオバちゃんがお茶の試飲を差し出し、
『どうぞごゆっくり』と、正面に座り商品の説明。
毒は入っていなかったけれど休まらない・・・
※ジャスミンボールが2個で250TWD
764.jpg

765.jpg
日本のKALDIや楽天、もしくは空港で買う方をオススメ。

日本でも山梨や栃木のバスツアーでよくあるビジネスモデル。
旅行業界の裏社会は世界共通かもしれません。


■ HOMEへ戻る ■

Genre : 旅行 台湾旅行

秋月のUSB-DAC(ケース)

組み立てを行いながら放置していたこちらのUSB-DACですが、
専用ケースを作ったのでその過程を掲載しておきます。

もともとは別の目的(FA用簡易電源)に使う予定で購入したケースですが、
並べたところピッタリのサイズだったので、AKI.DAC-U2704用に加工しました。

部品リスト
・ケース:タカチ SW-75
・スペーサ3mm
・ネジ:M3-8+ナット

コンデンサをサイズアップしているので、ニゲを作ります。
ボルトの頭を『D』にカット。
700.jpg

早速、タカチのケース(SW-75)下フタに組み付けました。
701.jpg

この状態で写真を撮り、Visioの下絵に読み込みスケール調整。
USBの入力と、出力端子の穴をレイアウトし位置を確認します。
ドロー系ソフトなら何でもOKだと思います。
702.jpg

ドリルで穴あけ作業。
703.jpg

自宅にリーマや大きなドリルが無かったので力技で穴径を調整。
704.jpg

樹脂の粉をふき取り組み付け。
以前も書いてますが、この瞬間がドキドキです。
705.jpg

完成!!
USB端子の穴はピッタリすぎるので、他のケーブルはセット不可でした(追加工は後日)。
699.jpg
蛇足ですがヘッドフォン端子も追加。
そのうち、こちらの波動スピーカーモドキで楽しもうかと。



 
プロフィール

Tomiya910

Author:Tomiya910
FC2ブログへようこそ!

 
 
最新記事
 
 
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
 
カテゴリ
 
 
月別アーカイブ
 
 
検索フォーム
 
 
QRコード
QRコード
 
 
RSSリンクの表示
 
 
リンク