Tomiya's blog (3DCG & Photo etc.)

 
 写真やCGを中心に、雑談、気になった物を追加していきます。

LCDオシロスコープキットII

連休に購入した秋月オシロスコープキットの
LCDコントラストを調整出来るように改造しました。
結果は良好、この前に改造を行いたかったと後悔。


改造は、R27を10kのボリュームに変更しただけです。
チップ抵抗は両方のパターンが隠れるほどにハンダを山盛りし、
ハンダ吸い取り器でスッポン、これで簡単に取れます。
ゴマ粒より小さい(1.6mm×0.8mm)のでリサイクル不可ですよ。
584.jpg

RICOH CX4で撮影、マクロ撮影最高です肉眼じゃよく見えませんから。
585.jpg

10kのボリュームを取り付けました。
とってもカッコワルイですが、組み立てれば見えない場所、
まー、いーんじゃないでしょうか??
586.jpg



スポンサーサイト

どうしても本職というなら


これだけでも衝撃的!
岡本太郎美術館の入り口です。

先週は天気が良かったですよねー、ブツブツ。

577.jpg
奥には巨大な塔が立っています。

578.jpg
全然意味がわからないのですが、スゴイです。
どうすればこの発想が出るのでしょうか?
細かい事なんか気にしなくなれます。

580.jpg
こちらにはカフェ、イケてます。

581.jpg
次回は入る事にします、
ちょっと弁当とワンコがいるもので。


場所は生田緑地
メタセコイアの森があります。
579.jpg

芝生の広場がステキです。
582.jpg

広場に噴水があったような?ってGoogleMAPを確認
ああ、そういえば、冬に工事してたのはコレだったんですね。
583.jpg


また来ようって思いました。

Genre : 日記 写真日記

ガーデニング 5月II


庭のクレマチスが満開になりました。
(色の濃いのがジャックマニー系オニベ、ピンク色の方がパテンス系ジョンウォーレン)

動物や植物いじりの方が何かホッとします。
574.jpg

前回のトマト
が成長しました。
しらないうちに実が! DASH村もびっくりですネ。
575.jpg


ジュールシーフ(joule thief)

ヘタった電池からもエネルギーを吸い出して白色LEDを点灯させる回路です。
これだけで0.7V→4.0V前後まで昇圧します。

エネルギー盗賊、ジュールシーフという名前を持つ回路、
ギャージンさんが『ジュエルシーフ』をモジッタようですね、
とってもオシャレな名前だと思いませんか? 
詳細はこちらがオススメ→ [PC.Watch]・[ニコニコ大百科

動作原理は、
①aの方向に電流が流れ、トランジスタがON
②出入り口が逆に接続されたコイルなのでb方向に流れようとするエネルギーがコイルに蓄積
③トランジスタがONなので蓄積された力がc方向に電流となり放出されてLEDが点灯する
④出入り口が逆に繋がれたコイルによりaの電流を逆に引っ張る
⑤トランジスタが強制的にOFF、電流停止
⑥①に戻る
562.jpg

 ゴムを引っ張ってポンと弾くような動作が連続して行われている、
といえば良いのでしょうか? 理屈はどうあれ現物を作成したのが下の写真。
563.jpg

トロイダルコア(黒いドーナッツ)は残念な事に詳細不明のジャンク品、
ケーブルはフラットケーブル(ワカメ)を解した線を使用、
トランジスタは一般的な2SC1815・2SC2655を使用しました。
 奥に写っているのは後輩(本職のエレキ屋)が設計した回路で
今回のネタとは別物、7.2V→40V前後まで昇圧、
12個直列の白色LEDをPICで電流制御し調光する回路、
連休はコレを古いデザインの懐中電灯に組み込むつもりで、
ジュールシーフはオマケだったが、どちらも時間が足りず・・・orz。

ここで前回作成した秋月のLCDオシロがようやく登場、
コントラストの調整はマダです、
波形が見えるので今回はそのまま使っちゃいましょう。

測定ポイント図2の①(2SC1815_1.35V)
565.jpg
LEDを光らせるジュールシーフの正体がこの波形です。

波の高さが足りない気がしますが、\4kの測定器ですし誤差は許容範囲としましょう、
そのうち会社のオシロと比較してみたいです。
(他の測定器で5.01Vと表示された波形が4.2Vぐらいで表示していたので、
周波数によっては20%ぐらいの誤差があるかも)

測定ポイント図2の②(2SC1815_1.35V)
566.jpg
波形がマイナス側に引っ張られているのが確認できました、
このカラクリを使用してマイナス電源を作る回路が存在しているようです。






測定ポイント図2の①(2SC2655_1.35V)
568.jpg
トランジスタが動作するタイミング?で波形の乱れが確認出来ます、
2SC1815と比較すると個性的な波形ですね。

測定ポイント図2の②(2SC2655_1.35V)
569.jpg
2SC1815と比較すると大きくマイナス側に引っ張られているのが確認出来ました、
こちらのトランジスタの方が個性のある波形を描くので見ていて楽しいですね。













感想
 詳細不明のインダクタなのでスッキリできないが、
昇圧でのコイルの役割を理解できたほか、
通常の半導体の動作する下限(0.7V近辺)までの動作を実際に確認出来た。
・・・ふと思う、工業高校のエレキ系ではフツーに授業でやっていたような。

メモ
ノイズ除去用のコアは入力されたエネルギーを熱に変換するので昇圧には向かない、
とのアドバイスをエレキ屋さんから頂きました。

伝送用(コア損失小)
SHP/HPコイル(NECトーキン)
コア単体:#61材、#43材(アミドン)

ノイズ除去用(コア損失大)
SNコイル(NECトーキン)
SFコイル(TDK)

色々と確認実験を行いたいと思っていたら、
近所のパーツ屋にコア単体を取り扱っているのを発見!
詳細不明のジャンクではなく、数値ハッキリしたトロイダルコアを使用し
動作の確認を行いたい、そのうち。




オマケ
五円玉のトロイダル?
564.jpg
空芯コイル相当なのが残念ですが、
物によっては御利益も昇圧してくれる事でしょう・・・きっと。
パッケージ次第で商売になるかも?




約0.7V動作時の画像だけのせておきます。
571.jpg

572.jpg

これでますます謎だらけになってしまいました。





2011/05/29:追記
LCDのコントラストが調整出来るように改造しました。

2012/04/03:追記
同様に、コイルで昇圧するブロッキング発振回路でネオンランプ点灯を行いました、よろしければこちらもどうぞ。


ガーデニング 5月



前回と比較
すると大きくなったトマトの苗
風で倒れないようにガイドを追加しました。

ウッドデッキ(縁側)でワンコもマッタリ。

静かな週末の朝でした。

不可能図形

場所は会社の資料室、
エッシャーとペンローズタイルという本を発見。

思わず手にした。
全てが懐かしかった。

オトナになり、やっと理解出来た。
ちと、時間がかかりすぎたかもしれない。

そして、3Dでモデリングしたのがこちら。

558.jpg
ペンローズの三角形(Impossible Triangle)です。



三角形に見える角度は
横45度、縦に35.3度振ったポイントのみ。
tan-1*(1/SQR2)≒35.3
一辺の長さは実際の82%ぐらい。
cos35.3*100≒82
じつは数値が合わずに1時間以上悩んだ。

パースを効かせたり、視点が動いた瞬間に破綻するけどねー。

559.jpg


そして新たな謎
会社の資料室にナゼこの本が?
幾何公差幾何学模様でも間違ったのか?


COOL ONLINEが終了する前にPoserでレンダリングしたい。

Genre : 日記 雑記

LCDオシロスコープキット(秋月)

念願のガンプラ焼きGET!!



早速いただきました。
もちろん最終話風に頭からガブリ・・・
とか書きながらも、ガンダムよりもマクロス好き。

555.jpg


 最初から脱線してますが、オシロを買いました、
お城ではなくオシロスコープです、メカ設計には必要ありませんが、
勉強のために必要なんですよ。
 出来ればUSB接続で波形を画像で取り込めれば良いのですが、
家庭用の測定器に贅沢は敵、そこで組み立てキットの登場、
秋月電子のLCDオシロスコープキットです。

組み立てるため、説明書とパーツを・・・

548.jpg

説明書がコレだけ!? しかも英文っすか!! パーツ名と極性しか読めない・・・
回路図と基板の印刷である程度はわかりますけど・・・

秋月のリンクから、カラーの説明書を確認すると、
げっ! パターンが別物! これって罰ゲームですか?

549.jpg

仕方なく、付属の印刷物(文字が潰れてる)で組み立て。

550.jpg

配線チェックをして、電源ON!!

551.jpg

LCD(液晶)のコントラストが微妙にあってません・・・orz
通常はボリュームつけて調整するんですけど、コストダウンか?

552.jpg

液晶のコントラストはR27とR29の抵抗値より決定するみたいです。

556.jpg

仕方なく回路図のチップ抵抗を計測すると・・・
R27:4.27KΩ 
R29:9.82KΩ

18pin:-9.72V
3pin:-5.27V

あれっ?? R27は5.6KΩって書いてあるけど?

553.jpg

拡大してみると、ZEh・・・んなわきゃない、4300Ω、
4.3KΩのチップ抵抗みたいですね。
原因はコレなんでしょうか??
多少のトラブルは楽しみの一つです、
コントラスト調整用に10KΩの半固定抵抗にでも変更する??
まー、対策は今度じっくり考える事にしますか、一応動くし。





追加
製作手順についてはこちらで紹介されているようです(感謝!)。
作る前にしっかり見ておけばよかった・・・ブツブツ。


さらに追加
古いパターンには、コントラスト調整用のボリュームがあるみたいっす。

557.jpg
(画像はメーカーサイトから拝借)


2011/05/29:追記
LCDのコントラストが調整出来るように改造しました。




 
プロフィール

Tomiya910

Author:Tomiya910
ブログへようこそ!

 
 
最新記事
 
 
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
 
カテゴリ
 
 
月別アーカイブ
 
 
検索フォーム
 
 
QRコード
QRコード
 
 
RSSリンクの表示
 
 
リンク