Tomiya's blog (3DCG & Photo etc.)

 
 写真やCGを中心に、雑談、気になった物を追加していきます。

サビ落とし



チョイノリSSはネイキッドスタイル、パーツむき出しです。
ホーンがサビだらけだったのでカッコワルイ、
サンドペーパーでコシゴシしました。

394.jpg

このままだとモーレツにサビてしまいます。
そこで、エアブローで鉄粉を飛ばし、マスキング。
塗料が密着するように、シンナーで脱脂。

395.jpg

そして缶スプレーでブシューッ!

396.jpg

同じような手順で、ミラーのアーム部分もサビ落ししました。
ナンバープレートの補強板は、会社でコッソリ製作、
SUS304板厚1.5の残材をシャーリングで。

399.jpg

ナンバープレートって気づいたら曲がったりしませんか?
スーパーの駐輪所とか狭い所に停めたりすると
高確率で引っ掛けられてフニャンフニャンに、
ウィリーでコケてもフニャンフニャン。
補強するしかありませんネ。

スポンサーサイト

チョイノリのワルノリ



 先日購入したチョイノリをワルノリしました、
1500W(2馬力)しかない貧弱なミニバイクですが、
めっちゃ楽しいですよ!!


パワーが無いのでウィリーの維持はめっちゃ厳しい、
テクニックが無いだけかも?

ガマンできずに二輪

バイクを手放して2年あまり、
マウンテンバイクで遊んでたがガマン出来なくなった。

どうせなら2スト250で爆発的な加速を満喫したいが、
自宅周辺は信号だらけなので乗っても楽しくありません。

それではオフ車で多摩川、と思いましたがバイク進入禁止、
厚木ならミニモトやラジコンで遊べる場所があるけれど遠い。

自宅周辺だけならKSRとかエイプが楽しいかも?
と思ったが中古の相場が10~20万と高い。
キレイな車体はやたら高いですし。
法定速度の違反しまくり間違いない。
オモチャにそんな金は出せない。
じゃ本当のオモチャで。

で、コイツを中古で購入しました。
チョイノリSS 



公道を走る事の出来るプラモデル。
ある意味スパルタン仕様、これぞオトコのオモチャ!
モトコンポよりも劇的に遅いのはナイショの話だ。

393.jpg

392.jpg


ちょっと出先でも

 先日の漫画で、建造物の溶接部を見てチェックするシーンがあります、
キレイに融けているか? スラグが付いてないか? など。

私は他人の作った物を見て、メカ構成を想像たりします、
チエイン駆動という事は椿本あたりで軸受けにNTNNB
モーターはオリエンタル?大きさからすると東芝とか三菱の製品で
制御機器はオムロンか?三菱も考えられるが最近は営業力でキーエンス
食い込んでるし、その影響でセンサ類も勢いが・・・
 遠くで係員が操作しているパネルは日東タカチ
スイッチ類は和泉電気だけど、富士電機の可能性もブツブツ・・・
おや、あの動き、エアー駆動っぽいけど、シリンダーはSMC
価格優先ならCKDコガネイ使うかもしれない!
耐久性だけならカムとリンクで動かすけどなぁ。


 色々とチェックする人が多いであろう場所を
徹底的に隠したり偽装してある所がニクい。
やるな!ディズニーランドッ!
 
みんなが隠れミッキーを探している時に、
隠し制御機器探してました、おほほほほほ。

385.jpg

386.jpg

387.jpg

388.jpg

389.jpg

390.jpg


ディズニーの魅力って、何なんでしょう?
オトナがミッキーのTシャツ着ていても許されますが、
サンリオキャラクター着ていたら笑われます。
誰か、その境目を教えてください。

とろける鉄工所

電車の中、『デフレ経済におけるマネジメント』とかの
難しい本を読んでいる人の隣で『とろける鉄工所』読みました、
溶接をコミカルに説明しているので、とっても良かったですよ。





設計業務に移る前、現場で加工もやってたんです。
加工の失敗を隠すためにコッソリ溶接もやったりしました。
学んだのは、薄板のアルゴン溶接はシロウトはムリという事。

電流が大きいと塞ぐハズの穴が融けて大きくなりダメージが拡大。
電流を下げると全然融けません。
(アルゴンは出ますが、放電の維持が出来ない)


闇で格闘している時に限って上司が来るんですよね・・・
『何やってるんだ!?』
『溶接がうまくいかないんですよ』
『加工が、の間違いだろう?』
『どきっ!』
『ほら、かしてみろ!』

最後は上司に溶接してもらったっけなー
現在、溶接機は破棄、設置してあった一画は倉庫に。

なにもかもなつかしい・・・
ヤマトの船長っぽいセリフですが、その船も溶接で作られてるはず、
メカ屋じゃなくても、どんな設備だったのか見たくなりませんか?

この本をかしてくれた人は理系ですが、エレキ屋なので溶接経験ナシ、
予備知識が無くても楽しませてくれるので購入したらしい。
渋すぎ技術工場虫同様、オススメの本です。

Genre : 日記 おすすめ

秋もガーデニング


 
酷暑が過ぎ、ようやく生活しやすい気候になりました、
植物も一緒なのでしょうか?
庭のクレマチスもようやく秋の花を咲かせました。
春ほどの大きさではありませんが、
けっこうデカイ花です。

種類はパテンス系ジョンウォーレン。



もうひとつのクレマチス(パテンス&ラヌギノーサ系 クラーラ)は
今年の酷暑で(うどん粉病の影響もある?)完全に枯れたようです。
シクシク・・・ 

ま、空いたスペースに何か植える事にしますかねー。
 
プロフィール

Tomiya910

Author:Tomiya910
FC2ブログへようこそ!

 
 
最新記事
 
 
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
 
 
カテゴリ
 
 
月別アーカイブ
 
 
検索フォーム
 
 
QRコード
QRコード
 
 
RSSリンクの表示
 
 
リンク